目の下のクマはどうしてできるの?

目の下にクマができてしまうと、疲れた顔や老けている印象になってしまいます。クマの原因は、主に目の周りの血行不良によるものです。また、栄養が不足しているときにも起こりやすいので注意しましょう。クマには種類があり、色素沈着によって起こる茶グマ、血行不良による青グマ、皮膚のたるみが原因の黒グマがあります。これらはそれぞれに合う対処をすることで改善できるので、クマの状態が悪くないうちに対策する必要があるのです。

目の下のクマの取り方とは?

茶グマは色素沈着によるものなので、美肌効果のある美容液などでケアをします。ビタミンC誘導体配合のものが効果的です。マッサージやツボ押しも効果的ですが、強く肌をこすりすぎるとさらに色素沈着に繋がりますので注意が必要となります。アイクリームなどを使用することで滑りが良くなり、効果的なマッサージをすることが可能です。青グマは血行を良くすることが大事になるので、マッサージやツボ押しを積極的に行います。眼窩の骨に沿ってゆっくり押していき目の周りを何周かするマッサージや、目頭や目尻にあるツボを押すことが効果的です。また、リンパや頭皮のマッサージを行うことで、老廃物を流すことができます。顔がむくむとたるみの原因となりクマになるので、目の周り以外のマッサージも有効です。半身浴や運動などで全身の血の巡りを良くすることも大事で、逆に喫煙は血流を悪くしてしまいます。クマは、それぞれの種類の混合型が多いので、できる対処方法は全て行っても構いません。

品川美容外科の告訴について詳しく